印刷

校長からのメッセージ

校長からのメッセージ
                                                                                                                                                 東京都立東高等学校長

                                                                                                                                                                        余湖 浩一
 
 
校長の余湖浩一と申します。
 
 東高校の生徒たちと毎年過ごしてきて、さまざまな感動体験がありました。特に体育祭、文化祭、合唱コンクールでは、生徒が主体となって活躍し、生徒自身も満足できるものをみんなで協力してつくりあげてくれました。
部活動も、弓道部の全国大会優勝を始めとして、多くの部活動で生徒たちの活躍が見られました。年度末に行われた部活動の卒業ライブなどでは、頑張ってきた生徒が涙する場面を見ていて、こちらももらい泣きしそうになりました。
生徒たちの活動を見て感動する機会がとても多かったです。そういう意味でも東高校に所属することができて、とても幸せだと思っております。これも素晴らしい生徒たちに囲まれているからです。生徒たちに感謝!
 
東高校の生徒たちは、とにかく明るく、素直です。生徒に挨拶をすると、さわやかな笑みとともに挨拶を返してくれます。授業を持っていない私にとっては至福の一時です。
しかし、ただ、明るいだけではなく、部活動や勉強も一生懸命頑張っています。みんな伸び代のある、大いなる可能性を秘めた生徒たちです。みんなが希望する進路に進めるように、教職員一丸となって頑張っていきます。先生たちは時には厳しく、しかも暖かく生徒たちに指導をしてくれています。
 
 
モットーは 明るく、元気に、分かりやすく。そして爽やかに。
◎    明るくとは、積極的かつ具体的であること。
◎    元気には、迅速かつ先進的であること。
◎    分かりやすくは、自明かつ一貫性のある教育を展開すること。
 
《教育目標》
1 心身ともに健康な人間の育成。
2 基礎的・基本的な学力の向上。
3 人権尊重の精神と社会貢献の精神の涵養。
4 豊かな個性と想像力の伸長。
 
教育目標実現のための共通理解
○ すべての教育活動に明確なねらいを明示する。
○ 絶えず成就感や達成感のある教育活動を意識し、生徒の知的好奇心を高める教育活動を設定する。
○ 卒業時を迎える18歳のあるべき生徒像を共有化する。
 
自分を愛し、自他を認め合う生徒。
克己心をもち、自ら考え判断できる生徒。
美しいものに感動できる生徒。
たくましく生きるための努力と工夫ができる生徒。
自然を愛し、生命を尊ぶ生徒。
高い目標達成のために、進んで率先垂範する生徒。等
 
(総論として)
 
本年度も、元東京都知事の東龍太郎氏から送られた「学道不二」の理念をさらに広く深く生徒に伝え、その精神に迫ります。
したがって、「学道不二」の理念の下、生徒一人一人に、「自らのあるべき姿」を強く意識させ、その姿に迫らせることこそが教員の使命であるということを強く求めます。
教員は、本校の生徒のゴールイメージを共有化し、すべての教育活動は生徒を「18歳のあるべき姿」に導くための手段であるとの共通認識の下、一つ一つの教育活動に明確な「ねらい」を示しながら、具体的な学習を展開します。教員は、様々な学習指導の場面で、「自分を愛し、自他を認め合う生徒」や「克己心をもち、自ら考え判断できる生徒」をどう育てるかの具体策を構築して教育活動を展開します。学習指導や進路指導の場面では、「高い目標達成のために、一つ上の進路実現を目指す生徒」の育成を意識した学習過程を組みます。また、学年進行に合わせて緩やかに「文理」の選択ができる教育課程を組むことで生徒の学習意欲を高めます。学校行事である体育祭や文化祭、合唱祭等では「たくましく生きるための工夫ができる生徒」「美しいものに感動する生徒」を育てることを強く意識します。
そうした中で、多くは地元以外から通学してくる生徒自身が、地元意識をもち、地域の期待に応え、地域に貢献できる東高校の確立を目指し、積極的に地域活動にも参加します。
今後も、すべての教育活動には「明確なねらい」があるとの認識の下、各教員が高い意識をもちつつ、生徒にとって成就感や達成感のある教育活動を具体的に設定し、生徒の「知的好奇心の高まり」を追求し、確かな学力の定着に励みます。
我々、都立東高等学校の教職員一同は、単に専門性(教科等)を教えるのではなく、専門性(教科等)で都立東の18歳のあるべき姿に迫まっていくのです。教師は教えるプロ集団です。その自信と誇りを絶えずもち続けながら、各学年や各分掌等での創造的かつ建設的、積極的な取組を展開していきます。
 
 

〒136-0074 東京都江東区東砂7-19-24
電話 : 03-3644-7176 ファクシミリ : 03-3615-7463
E-mail : S1000115@section.metro.tokyo.jp
アクセス